独り、家で豊に仕事をする方法を

800本以上、300時間以上の動画を無料で公開中

 

 

アトピーの治療で「ボディートーク」というオーストラリア発祥の治療で過去世を聞いた

投稿日:2017年12月10日 更新日:

東京在住の50代前半の独身の男性です。

 

「輪廻転生」「カルマ」「生まれ変わり」について私の思う所を記しました。

 

●輪廻転生について

 

ヒトは12回生まれ変わり、生まれ変わる毎に霊性が高まると聞いたことがあります。イチローや、ノーベル賞をとるようなヒト、アメリカの大統領になるヒト、グローバル企業を一代で築くヒト、世界的に活躍する建築家などetc.. 

 

偉業をなすヒトの他の人間と同じ持ち時間でありながら為していることの彼我の差の大きさに愕然とします。そして、自分のショボさと比較すると絶望的な気持ちになります。

 

が、彼らは「既に数回人生を経験し、今世の下準備をしてきているのだ」と考えると、「自分は初めての人生だから既に数回の人生を経験しているヒトに比べてショボい人生なのだ」と自分のダメさを納得・肯定することができます。 

 

●カルマについて

 

「カルマ」を因果応報の「果」つまり「宿命」と解するなら、私のカルマは、「アトピー」と「おカネ(貧乏)」だと思います。

 

これまでの53歳の人生を休みなく継続的に苦しめているのは「アトピー」で、40歳代半ばから私を毎日、苦しめているのは「おカネ(貧乏)」です。

 

思い起こせば不思議なことなのですが、お金に無頓着な両親に育てられたのに、誰に影響を受けたのか 私は幼少のころからケチでした。これが将来貧乏になる兆候だったのでしょうか?

 

※多くのヒトが苦しめられる「人間関係」については、Step-1でお伝えした通り、40歳代半ばからは ヒト付き合いをしていませんので、この悩みはありません。

 

私は、生後間もなく発症したアトピー患者で、53歳の今でも患っています。私が幼少の頃から20代までは、昨今のようにステロイドが悪いということを指摘するヒトがいなかったので、アトピー治療治療には、自動的にステロイドが処方されてまいた。

 

私も例外に漏れずステロイド漬けになり、かえって内臓にダメージを与えてしまい、これが原因で53歳になった今になってもアトピーに悩まされています。

 

32歳からは本格的に「アトピー」を治したいと、あちこちの東洋系の治療を数多く受けました。そして多額の治療費を(無駄に)払ってきました。

 

通った治療院のなかで「〇〇〇〇」先生という方がいました。「〇〇〇〇」は「カルマを消す霊的治療の医学博士」と言われ、治療室を都内で開業されていました。医者から見離された難病を患った人たちが全国から一縷の望みを抱いてやって来るというウワサをききつけ、私も大いに期待して通っていました。

 

「〇〇〇〇」先生に言わせると、私の「アトピー」は私のカルマに傷がついるのが原因でその傷を治せば「アトピー」は治るとのことでした。3ヶ月位、毎週通いましたが、結果はゼロ収穫でした。

 

爾来、基本的には、「カルマ」等の分野には、あまり関心を持たないようにしています。

 

●生まれ変わり

 

以前、「アトピー」治療で「ボディートーク」というオーストラリア発祥の治療を受けたことがあります。この時に治療士から、過去世で酷い拷問を顔に受けたと聞かされました。

 

この時は、「アトピー」の症状が特にひどく、顔が化け物のようだったので、そう言われたのかなと思いました。私は自分の過去生世そんなものがあるとして)にはあまり興味はありません。

 

過去世を知ることによって今の自分が変化するのか?と考えると、変化しないと思います。ですから、過去世を知ることが特段に意味のあることとは思えません。

 

「生まれ変わり」はあっても無くてもよいと思います。特段、私は気にしていません。

 

でも「ヒトは輪廻転生して生まれ変わる」と思った方が、今世で開花しなくとも努力を続ければ来世で開花すると考えれば、ヒトは捨てばちな人生を送らずに済むかもしれません。

 

ですから、不平等で鬱屈している民衆に暴動を起こさせない、社会を安定させる便利な「教義」としては いかもしれませんし、確かに、輪廻転生を信じているヒトには機能しているのかもしれません。

 

以上、乱文にて失礼しました。

独りネット副業・起業を800本以上、300時間の動画で説明

21世紀は独りで働く時代です。政府は副業を進めています。厚生労働省は2025年、痴呆症は750万人と発表しています。独りネット起業15年以上のキャリアの社長が800本以上の動画、300時間以上で無料で解説しています。

 

-健康問題

Copyright© ラブクロニクルズ , 2019 All Rights Reserved.