独り、家で豊に仕事をする方法を

800本以上、300時間以上の動画を無料で公開中

 

 

大学時代ロックミュージックハマる。ビートルズもマハリシというグルやインド音楽に傾倒

投稿日:2017年12月25日 更新日:

大学生のころ、甘ったれた若者だった私は自分に対して非常に自身がなく、「なぜ自分はお金持ちの親のもとで生まれなかったのか?」「なぜ自分は背の高い親のもとに生まれなかったのか?」「父がもっとハンサムで、母も美人だったらもっとイケメンだったのに」などの不満があり、”モテない”ことを親や家のせいにしていました。

 

話は変わりますが、その”甘ったれた”大学生だった私は音楽が非常に好きで、特にロックミュージックを聴くことに非常にハマりました。それもなぜか、当時流行っていたものではなくBEATLESを始めとした60年代の音楽に非常に傾倒し、CDをたくさん買いまくりました。

 

それと同時に60年代のいわゆるカウンター・カルチャーなどへの理解を深めていったところ、彼ら60年代のミュージシャンのなかには神秘思想に傾倒するものがたくさんいたこともわかりました。いわゆる”サイケデリック”や”ヒッピー”の時代ですから。あのビートルズもマハリシというグル(導師)やインド音楽に傾倒したことは有名な話です(しかしマハリシが弟子に性的関係を要求したことが明るみになって彼らは見限りましたが)。

 

ところで、そのような文化について学ぶうちに、私もハマッてしまったところもあって、原典を当たることも多かったです。例えばGIグルジェフ、アレイスター・クロウリーなど翻訳されているものはけっこう読みました。同時期にカウンター・カルチャーを牽引したウィリアム・バロウズなどの文学者、またジョンCリリー、ティモシー・リアリーなどの科学者、作家のロバート・アントン・ウィルソンの著作も読んでいましたので、ちょっと変な若者という感じでした。

 

今では社会人ですし、あまり奇妙な言動もしたくないものでそのころの知識は封印しておりますが、今でもあのころ浸った”思想”には影響されています。ここでのテーマに関して自分なりの見解を付け加えたいと思います。

 

スピリチュアル・・・いつも感じて生きています。

霊・・・・・・・あるような気がするが自分は見たことはないです。

生まれ変わり・輪廻転生・・漫画や低俗な”神秘的”読み物に出てくるような”Reincarnation”は無いような気がします。

ただもっとわかりにくい形態ではあるかもしれません。物質としては”Reincarnation”しているわけですし。

カルマ・・・・あるかもしれません。というか考えようではないかと思います。

 

ところで”甘ったれた大学生”だった頃の不満は今考えればお笑い種で、社会を知らないだけだったことが今ではわかります。最近、父親は東証1部の社員で退職時は年収1000万ほどだったことがわかりました。また、今思えば両親はそこそこルックスは良いですね(笑)自分のルックスもそんなに悪くないと今では感じています(笑)。

 

しかし私の収入は少ないです。これは日本経済による影響ももちろんありますが、自分の能力の無さが原因と感じています。「なんとかお金と時間の余裕が欲しい」毎日そればかり考えて生きています。

独りネット副業・起業を800本以上、300時間の動画で説明

21世紀は独りで働く時代です。政府は副業を進めています。厚生労働省は2025年、痴呆症は750万人と発表しています。独りネット起業15年以上のキャリアの社長が800本以上の動画、300時間以上で無料で解説しています。

 

-スピリチュアル

Copyright© ラブクロニクルズ , 2019 All Rights Reserved.