独り、家で豊に仕事をする方法を

800本以上、300時間以上の動画を無料で公開中

 

 

未確認飛行物体(UFO)に飛びつくと墜落。学生が自転車の荷台にUFOをしばりつけたが消えた

投稿日:2017年12月27日 更新日:

自分記憶に深く印象された出来事の一つにUFOの出来事があります。一つは新聞のニュースか、雑誌で見たものか良く思い出せないのですが、高知県の高知市高須 介良(けら) という田んぼでのできごとです。

 

私は高知県に住んでいるので、この出来事は大変興味深く、印象に残っているのですが、高知市の東に高須という地名があります。さらに高須には介良という字名があるのですが、このケラというところの田んぼでのできごとです。

 

学校帰りの学生がケラの田んぼに自転車でとおりかかったときに見慣れない飛行物体に出くわしたのですが、その小さな飛行物体を捕まえようと田んぼに入って刈り取りを終わった稲穂の株をザクザクと踏みしめながら未確認飛行物体(UFO)に飛びつくとそのUFOは墜落してしまったそうです。

 

墜落したUFOを良くみるとケースが開いて中が見えてラジオの中にあるような部品が見え、光っているパーツもあったそうです。とにかく田んぼの真ん中で見ていても仕方がないので学生は自分の自転車の荷台に荷造りのゴムひもでそのUFOをしばりつけて自宅へ帰ることとしたのです。

 

ところが、残念なことに帰り着いてみるとあんなに縛ったはずの荷台のUFOはいつの間にか逃げてしまって結局全容は解明できないままに終わってしまったとのできごとになってしまいました。

 

今一つの出来事は十数年前の自宅近くのUFO目撃談でありますが、この時は、もう辺りも暗くなって月明かりの夜でした。突然姉からの電話でUFOが飛んでいると言うのです。私は慌ててカメラを手に外に飛び出すと姉の家の方向にマイカーを走らせました。その途中で、山の樹木の稜線に光る物体を発見したのです。

 

月ではありません、その証拠に見ているうちに動いていくではありませんか!ただね山の稜線をかすめて動いているので急いでカメラの電源をいれてる間にUFOは木立の中に隠れて見えなくなってしまいました。

 

残念ながらカメラに撮れずとりにがしてしまいました。世の中にはUFOの目撃談が数多くあるのですが、その都度UFOの存在が実在するのかしないのか?いるのかいないのか?こういった論議がささやかれます。

 

私自身、UFOが実在するかどうかと聞かれたら、即座に実在するとはっきり答えるでしょう。

独りネット副業・起業を800本以上、300時間の動画で説明

21世紀は独りで働く時代です。政府は副業を進めています。厚生労働省は2025年、痴呆症は750万人と発表しています。独りネット起業15年以上のキャリアの社長が800本以上の動画、300時間以上で無料で解説しています。

 

-不思議な話

Copyright© ラブクロニクルズ , 2019 All Rights Reserved.