独り、家で豊に仕事をする方法を

800本以上、300時間以上の動画を無料で公開中

 

 

母は与論島生まれで先祖に巫女がいたせいか夢が当たる。棺桶が2つ並んだ夢で訃報が2件

投稿日:

私の母は与論島という小さな島の生まれで先祖には巫女がいました。そのせいか、特に夢に関して、当たることがよくあります。

 

例えばある日、「棺桶が2つ並んだ夢をみた、嫌な予感がする」と言えば二、三日あとに、訃報が2件はいったり。あと、親戚の誰かが妊娠したと、鯉のぼりの夢だから、男の子だと言い当てたことは何度もあります。

 

私も以前、夢で入院中の主人の祖母の死をあてました。それは釜を持ったいかにも死神が追いかけてきたのです。私は初めて、異様な夢を見て主人に、仕事を休ませ長野まで行きました。病院には誰もきておらず、病室は死臭なのか嫌な匂いが漂っていました。

 

不思議なことに主人にはそれが、わかりませんでした。息も絶え絶えの状態で、意識もありませんでしたが、私は手を握ったり、痛みを訴えていた足をさすったり、恐怖を和らげるつもりで童謡を歌ったりしました。そして、主人に 私達が病院に来ていることを ご両親に連絡するよう伝えました。主人が電話をかけに行ったすきに、おばあちゃまは亡くなりました。手を握って、少し涙もみえました。

 

実は義母とは仲が悪く、それで病院には来ていませんでした。なので、仕事を休ませてまでここにきたことを 文句言われないかと懸念していたのです。ですが、先生からも危ないと言われたので連絡する様に伝えました。義父は床屋に行ってて、こちらにくる様子もありませんでした。ですから、私達がいなければ、祖母は一人寂しく旅立ったと思います。

 

そして不思議なことはまだ、続きました。祖母を連れて主人と義父は、祖母の家に向かい 私は義母と主人の実家に向かいました。その後に、寝かされたおばあちゃまの胸の上に釜が置いてあり、ビックリしました。夢と一致したからです。こんな風習は 初めてみました。

 

その晩、夢か現実か寝ている時に 神棚あたりから外にかけて お経の声が聞えてきました。信心深いおばあちゃまは、たくさんの僧侶の方達にツレられて、行く様子が浮かびました。

 

そして49日にあたる頃、夢におばあちゃまが出てきて、橋の向こうからおじきをしていました。私にお礼をわざわざ言いにきてくれたと、思います。

 

主人は霊的なものに感心もないので、私を通して呼びにきたのかも、しれません。主人はおばあちゃまが大好きだったのと、私も一度しか会ったことがなかったのですが、好意を持っていました。きっと心が通じていたのでしょう。

 

まだまだ、あります。お時間のある時に、直接松田さんにお話ししたいです。介護なさっているので、そちらの駅まで行くのも構いません。

独りネット副業・起業を800本以上、300時間の動画で説明

21世紀は独りで働く時代です。政府は副業を進めています。厚生労働省は2025年、痴呆症は750万人と発表しています。独りネット起業15年以上のキャリアの社長が800本以上の動画、300時間以上で無料で解説しています。

 

-不思議な話

Copyright© ラブクロニクルズ , 2018 All Rights Reserved.