独り、家で豊に仕事をする方法を

800本以上、300時間以上の動画を無料で公開中

 

 

霊的な分野の高額な書籍や開運グッズや祈祷のために250万円以上の貯金が消えた

投稿日:

霊的な世界に関しては、およそ25年ぐらい前の頃は、よく関連本を読んだり、開運グッズを買ったり、専門家(自称?)に祈祷を頼んだりしたことがありました。

 

と言うのも、私の家庭は両親の夫婦仲も悪く、父も私に対してやや暴力的で、母も私に対して支配的な態度で臨んきたので、自分の力ではどうしようもないほど家の中が荒れていたからです。

 

特に、その25年ぐらい前というのは、父が郵便局を定年退職して、住み家を公務員官舎から民間の賃貸マンションに移ったころで、その頃から、霊的な世界に振り回されていると感じるようになり、その方面の知識を得ようと考えたわけです。

 

その過程では、霊的世界に関する分野の高額な書籍や開運グッズや祈祷のために、せっかくそれまでバイトで自分で働いて貯めた250万円以上のお金が、短期間のうちに消えてゆきました。

 

また、当時一部で悪い評判が立っていたT易断にも騙されそうになりましたが、教団側の「親を連れてこい」との求めに母が断固拒否して、何とか潜在的な被害は免れました。

 

そのうちに、当時の月刊誌「ムー」に載っている広告を通じてHという方の存在を知り、一時期、その方が主催する会の会員になったことがありますが、その方は、私には決して甘い言葉はかけてくれませんでした。その方は、「その人の霊的な成長のためには、本人を甘やかすような言葉を発するわけには行かない」という信念をお持ちでした。

 

私はそういう厳しいHさんの姿勢に耐え切れなかったのか、今度はKという方の主催する団体の門を叩きましたが、ここで販売する開運グッズの購入のために、多額の出費をしてしまい、最終的には代金支払いのために消費者金融に手を染めることになってしまいました。また、ここの団体のスタッフの一人から、執拗なイジメを受けるようになり、この教団との連絡を断ちました。

 

ただ、Kという方は、「私は宇宙法則の解明者であり、管理者でもあり、また行使者でもある」と言っておられ、私はこの方の言葉を今でも信じています。
結局、私のような人間は、何を信じて何を信じないかというレベルの世界で生きるしかないのだと思います。

 

そうこうして親元でぬるま湯に浸っているうちに私も歳を取り、いつまでたってもフリーターの身分でいることに焦りを感じ、ネットビジネスやFX取引にお金をつぎ込んではみたものの、結局のところは無駄金を費やしただけに終わりました。

 

霊的な世界の探求のために散財し、今度は儲け話に散財し、ふたを開ければ貯金するどころか、借金を抱える始末。

 

そして時は流れ、心身ともに頑強だった父は認知症になって徘徊をくり返したあげくに昨年2月に他界、その半年後の昨年8月には、職場内でのイジメが理由で私は勤続19年のバイト先を辞め、現在は足が不自由な同居の母親の年金と貯えに頼る情けない境遇に堕ちてしまいました。

 

それもこれも、私のマインドセットの在り方が招いた結果なのかと思い、現在はMという方が主催する講座を受講しています。

 

ここでは「自己中心的な奴隷マインドが貧困を招く」と説かれており、そうは言っても、自力で生活費を確保することは当面の最重要課題であり、こういう私の考えと、この講座で説かれている内容との間のギャップに迷いが生じている状態です。

 

話は変わりますけど、私が小学校低学年の時、担任の先生から私のことを「空気の抜けた風船みたいにフラフラしている」と酷評されたことを明確に記憶しています。思い返せば、私の人生はずっと、この担任の先生の酷評を地で言っている感じで、どこに着地点を定めれば良いのか、今でも分からない状態です。

独りネット副業・起業を800本以上、300時間の動画で説明

21世紀は独りで働く時代です。政府は副業を進めています。厚生労働省は2025年、痴呆症は750万人と発表しています。独りネット起業15年以上のキャリアの社長が800本以上の動画、300時間以上で無料で解説しています。

 

-スピリチュアル

Copyright© ラブクロニクルズ , 2018 All Rights Reserved.