独り、家で豊に仕事をする方法を

800本以上、300時間以上の動画を無料で公開中

 

 

教団が主催するイベントや販売する開運グッズのため多額の出費を強いられ借金まで

投稿日:2018年1月11日 更新日:

他人にはなかなか理解されない秘密と言われて私が真っ先に思い浮かぶのは、「次元上昇」ぐらいですかね。もっとも、次元上昇に関する知識は、現在では、YouTubeといった動画サイトなどを通じて、ネット上で誰でも知ることができますので、その意味では、「秘密」の部類には入らないかも知れません。

 

しかしながら、私が35年ぐらい前に精神世界にハマりはじめた頃は、インターネットが今ほど普及しておらず、ほとんどの人は「次元上昇」という言葉すら聞いたことがないご時世だったと思います。

 

私がこの「次元上昇」という言葉を知ったのは、35年ぐらい前に精神世界に関する知識を漁っていた頃にHという方が主催する「〇〇〇」という団体を知ってからでした。Hさんは、「私が教えたことを実践すれば、次元上昇の波に乗ることができる」と言っていました。

 

また、Hさんは、「2020年ごろから、誰もが意識レベルで知覚できるまでに次元上昇が本格化する」という趣旨のことも言っていました。
しかし私は、Hさんに初めてお会いした時は、Hさんから非常に厳しいアドバイスを受けました。というのは、「お前はすべてが間違っている。大地はお前を受け入れていない」と言われたのです。

 

承認欲求が強い私にとっては、この言葉は非常に厳しく感じました。今でもそうかも知れませんけど、当時の私は、強力なマインドブロックがかかっていたのだと思います。とにかく自分が置かれた閉塞状況を打破したいとばかり思っていた私は、この団体に属していても自分の運勢が上がらないと自分勝手に判断し、この〇〇〇という団体を抜けて、今度はBというお方が主催する「△△△」(当時の名称)の門を叩きました。

 

このBというお方は、当時は「私は必ず政権を取る。私が政権を取った暁には、私と関わりを持った者に対しては、その関わりの程度に応じて精神的・経済的自由が与えられる」と言っていました。

 

一般人からすれば、これは「都市伝説」どころか、到底笑い話としか思えないようなことかも知れませんが、当時の私はそれを本気で信じ、このお方を信じてゆけば、自分の運勢は上がると思ったのです。

 

ところが、ふたを開けてみれば、この教団が主催するイベントや販売する開運グッズのために、多額の出費を強いられることになり、実家に入れるお金が工面できないだけでなく、貯金が底をつき、挙句の果てには消費者金融に手を染めて多額の借金を背負ってしまい、教団から「役立たず」扱いされて放り出される結果に終わりました。

 

その後に教団から「復帰勧告」なるものがあって教団に舞い戻ったものの、今度は教団内の特定のスタッフから執拗なイジメに遭い、自分から教団への連絡を絶ちました。

 

そんなこんなで、私が精神世界オタクになって7~8年たった頃、またミクシィ内でHさんの存在を知り、私からHさんに接近しました。ところが、ここでもまたHさんから厳しいアドバイスを受けました。すなわち、「ぬるま湯につかっている」と言われたのです。

 

また、私が何らかの起業を試みていることに関しても、「テクニック以前の問題があるようだ。心の傷を癒すように」と言われたのです。そこまで厳しい言葉を突き付けられても、私のマインドブロックは外れませんでした。

 

そして、強力なマインドブロックがかかったまま、FX取引に手を出したり、ネットビジネス系の教材を買い漁ったりして、何とか金運を上げようと思って頑張ってはみたものの、自分の頑張りに反して、逆にお金を失い続ける羽目になりました。

 

そして、去年の8月には、ほとんど精神異常者としか思えないような者からのイジメを受けたのが理由で、勤続19年のバイト先を辞め、現在は、自分自身の貯金はもはや底を尽きかけたまま、足の不自由な高齢の母親の介護に専念する「専業主夫」状態になっております。

 

以上、一般の人からすれば、「誰が聞いてもデタラメとしか思えないような話ばかり鵜呑みにするなんて、なんて間抜けな奴だ」としか思えないような、ダメダメな自分の物語になってしまいました。

独りネット副業・起業を800本以上、300時間の動画で説明

21世紀は独りで働く時代です。政府は副業を進めています。厚生労働省は2025年、痴呆症は750万人と発表しています。独りネット起業15年以上のキャリアの社長が800本以上の動画、300時間以上で無料で解説しています。

 

-スピリチュアル

Copyright© ラブクロニクルズ , 2018 All Rights Reserved.