独り、家で豊に仕事をする方法を

800本以上、300時間以上の動画を無料で公開中

 

 

アダルトチルドレンや発達障害の自助グループに足を運ぶようになりうつ状態が改善

投稿日:

私は28歳の男性です。両親と親戚のほとんどがある同じ新興宗教に入信しています。その宗教は毎日念仏を唱えて、その宗教を他の人にも薦めていけば、自分の願いがなんでもすべて叶うという教えです。

 

逆にその宗教以外は邪教といって認めません。その影響で実家で暮らしていた子供の頃は、初詣に行ったこともなく、近所の寺や神社でおこなわれている祭にも行けませんでした。なので、親はしているけど、私はその宗教が嫌いで距離を置いていました。

 

しかし、高校卒業後にフリーターをしながらお笑い芸人を目指したのですが、すぐにうつ状態になり、生きていくのがやっとの状態になりました。その時に、父に相談すると、「宗教活動をすれば、うつ状態が治ってお笑い芸人としても成功できる」と言われ、その宗教の活動をするように薦められました。

 

そして生きる希望を取り戻して宗教活動を始めたのですが、何故かうつ状態はさらに悪化して、精神薬も飲むようになってしまいました。目指していたお笑い芸人の道も、自分がこんな状態では人を笑わせることは出来ないと思い、たった一年半でやめてしまい、養成所の学費40万のローンだけが残りました。それから正社員でどこかに就職しようとして、宗教活動に力を入れても、まったく叶わず、アルバイトを転々とすることとなり、一人暮らしだったほで生活費も足りず食うや食わずで、交遊費もなく、友達も0になりました。

 

これはさすがにおかしいと思い、アダルトチルドレンや発達障害の自助グループに足を運ぶようになり、両親やその宗教の人たちと関わるのをやめました。すると初めは良くない事が起こるのではと怖かったのですが、うつ状態はなくなり、フルタイムで働けるようになりました。

 

また、その宗教を信じる人しか救われないという教義を本気で信じていた自分の傲慢さや幼稚さも見えるようになってきて反省しました。そうしてアダルトチルドレンや発達障害の自助グループも通ううちに現実逃避の集まりのように思えて、通うのをやめました。

 

その頃ネットで知り合い一年半付き合った彼女がいたのですが、フラれて別れることになりました。これまで人に頼ってばかりだったからいけなかったんだと反省し、身一つで知らない町に引っ越し、仕事も今までとちがう職種のものにアルバイトですが就きました。

 

そしてついこないだ、そのアルバイト先で正社員登用して頂きました。福祉医療の仕事で大変ですがやりがいはあります。しかし、田舎の家族や親戚、新興宗教の人達は私が上昇し出しているのをよく思っていません。

 

実家に行くときは緊張しますし、親戚や宗教の人達に会ってしまわないかの不安になります。不安になるのは、まだ依存心があるからで、自分の経済力、人間力がまだまだなんだと思います。私も松田さんのように経済力と人間力を身につけて、どこへ行っても堂々と生きていけるようになりたいです

独りネット副業・起業を800本以上、300時間の動画で説明

21世紀は独りで働く時代です。政府は副業を進めています。厚生労働省は2025年、痴呆症は750万人と発表しています。独りネット起業15年以上のキャリアの社長が800本以上の動画、300時間以上で無料で解説しています。

 

-スピリチュアル

Copyright© ラブクロニクルズ , 2018 All Rights Reserved.