独り、家で豊に仕事をする方法を

800本以上、300時間以上の動画を無料で公開中

 

 

ひも理論からこの宇宙は11次元であり残りの7次元は認識できないとされている

投稿日:2018年1月15日 更新日:

私自身は特定の宗教に属していないのですが(家は浄土真宗です)、仏教を進行している友達の一人が「宗教や霊・スピリチュアル等はそのうち科学で解明できると思う」と言っていたのが非常に印象に残っています。これは私自身が理系だからかもしれません。

 

物質は粒子性と波動性を持つことは物理学で知られています。このうち波動性は人間の目では確認できません。質量が大きくなるほど波動性は大きくなり電子1個程度の質量だと波動性が占める空間は粒子性が占める空間の何倍にも広がります。

 

また、人間が認識できるのは4次元ですが、ひも理論からこの宇宙は11次元であり残りの7次元は認識できないものとされています。

 

もともと霊やスピリチュアル等は、波動性や残りの次元が影響しているのではないかということをうっすら考えたりしていました。

 

その後、いろいろな記事を読んでいて目に留まったのが気功師の見解です。その気功師によると気功は毛細血管等の微細空間のコントロールにより波動性の影響を大きくして人体に影響を与えるものであるとのことでした(すみません、この情報をどこで見たのかまでは覚えていません)。

 

どの程度この見解があっているかは分かりませんが、もとから波動性の影響というものを考えていた自分自身にとっては非常に腑に落ちるものでした。

 

また、幽体離脱をしているとされている人の部屋をサーモグラフィーで確認したところ、周りより温度が高い空間が移動していたとの研究結果を見たこともあります。これも粒子性では説明できない、波動性の何かが引き起こしている現象と言えると思います。

 

相手が考えていることが分かる人は脳から漏れ出した波動性の情報を読み取っていると話している脳科学者もいます。

 

霊の話等は非科学的なものとされていますが、これだけ目撃証言が多いことを考えると実在するという前提で考えるべきだと思いますし、実際に非科学的だと思われていた気功や幽体離脱に関する科学的な検証や考察もされてきています。

 

(実際、私の母の妹:自分の叔母は祖母が亡くなったちょうどそのタイミングで「今おばあちゃんが来たよ」と言ってたようです。こういった体験からも私自身ど理系で見たことは無いですが、霊は信じています)。今ではあまり真面目に取り合われない話も、将来的にはずっと昔の人のように霊や輪廻等を信じる時代も来るのではないかと考えたりしています。

独りネット副業・起業を800本以上、300時間の動画で説明

21世紀は独りで働く時代です。政府は副業を進めています。厚生労働省は2025年、痴呆症は750万人と発表しています。独りネット起業15年以上のキャリアの社長が800本以上の動画、300時間以上で無料で解説しています。

 

-スピリチュアル

Copyright© ラブクロニクルズ , 2018 All Rights Reserved.