独り、家で豊に仕事をする方法を

800本以上、300時間以上の動画を無料で公開中

 

 

かなしばりに頻繁にあうようになり不良に目をつけられ、いじめを受けるようになった

投稿日:

僕は、ゆうれいにとりつかれたような経験をしたことがあります。中学生のころ修学旅行で東京にいったのですがそのときから不幸にあうようになりました。

 

まずはかなしばりに頻繁にあうようになり、あることがきっかけで不良に目をつけられるようになり、いじめを受けるようになりました。無視されたり調子にのるなと言われたり机に死ねと書かれたり、本当につらかったです。何でこんなめにあわなければいけないのか、完全に人間不信になりました。

 

それで、高校を中退したのですが、それからもずっとかなしばりが続き、あるときかなしばりにあったときに、動けないのですが激しく体を動かそうと抵抗したら、しね、しね、しねと聞こえてそれからかなしばりにかからなくなりました。

 

それから数日がたち、唯一遊ぶ友達がきたときに最近かなしばりにあったという話をしました。えっっ!!とおもいもしかしたらぼくについていた霊が友達についたのかと、おどろいた事がありました。ゆうれいについては、個人的にはいないのだろうとおもっています。しかしこの経験をかんがえると、もしかしたらいるのではなかろうか思ってしまいます。

 

まあ、いてほしくはありませんが、いるとしたらいったいなにをしようとしてるのですかね。やっぱり生きてる人がねたましいのでしょうか。それと霊媒師は本当に除霊できるんですかね。あやしいですよね、じつは見えてないのに、見えてるふりをしているとしたらとんだ役者だとおもいますよね。ある意味すごい・・・

 

おそらく自分は見えてると自分に信じ込ませてるのではなかろうかおもうんですよ。でなきゃあんなふうに相手を信じ込ませる事なんかできないとおもうんです。

 

ゆうれいというのは生きてる人が作り出したものだとおもうんです。いったん木綿というゆうれいの由来はふんどしが空を飛んでいったというものらしいです。それってただ風で飛んでいっただけじゃないのって僕は思うんですよね。

 

カッパとかきゅうりが好きとかいいますけどカッパがきゅうり食ってるとこ見たときあんのかっておもいますよね。人がよくわからないもの、理解できないものがゆうれいなったりするんでしょうね。

 

ゆうれいの事をかんがえると人がいかに恐怖やのろいなどに弱いかというのがわかりますよね、どうして信じてしまうのでしょうか、実態もなにもないのに
しかしゆうれいを見たという人はたくさんいたりするんですよね。

 

おそらく多くのひとはゆうれいらしきものを見たといっているのだろうとおもうんですが、本当にゆうれいを見た人っているんですかね、もし本当なら会ってみたいですね。ただ白い服着てたといったらがっかりするとおもいます。

独りネット副業・起業を800本以上、300時間の動画で説明

21世紀は独りで働く時代です。政府は副業を進めています。厚生労働省は2025年、痴呆症は750万人と発表しています。独りネット起業15年以上のキャリアの社長が800本以上の動画、300時間以上で無料で解説しています。

 

-不思議な話

Copyright© ラブクロニクルズ , 2018 All Rights Reserved.