独り、家で豊に仕事をする方法を

800本以上、300時間以上の動画を無料で公開中

 

 

船井総研の船井幸雄さんは亡くなる直前までスピリチュアルに関するブログを書き情報を発信

投稿日:

スピリチュアル

私はいわゆる霊感は一切ありません。ただ、スピリチュアルな話しは大好きですし信じています。霊・おばけ的なことにはあまり興味はありませんが、宇宙や波動、宇宙の法則などは色々読んだり調べたりしました。

 

昔、色んな本を読んだ中に日本の経営者にとてもかわった方がいらっしゃいました。船井総研の船井幸雄さんです。船井さんは亡くなられましたが亡くなられる直前までスピリチュアルに関するブログを書かれ多くの方に色んな情報を発信されていました。

 

上場企業の社長がぶっ飛んだ内容のことを書くのですから他の企業の社長は変人扱いし真剣に話を聞く人は少なかったようです。しかし、船井さんは日本で初めて、そして唯一のコンサルタント会社の上場企業の会長です。

 

船井総研の業績もさることながらコンサルを受けた会社は好業績を上げ名実ともに一流企業であることにははまちがいありません。そんなバックボーンを持ちながら船井さんは死ぬまで信念を持ってスピリチュアルな話しを発信し続けておられました。

 

私も本やブログを拝見して信じられない内容もありましたが、この方の発信している言葉と波長があったのでしょう、どんどんスピリチュアルな世界に興味が湧き信じるようになりました。

船井さんはよく波動や波長の話しをされます。世間一般でも「この人とは波長が合う」など使われますが、これをもっと宇宙的な大きな視点で理にかなった説明をされています。

 

波動も意識レベルで違ったり、その意識レベルを上げることでより良い波動を受けることができたりまた出すことができるようです。

 

私の周りには現実(目に見えるもの)しか信用しない人が多いのでこのようなスピリチュアルな話しを少ししただけで頭がちょっとおかしいのではと思われあまり相手にされません。ですので、周りの人間には話しをする機会もほとんどありませんでした。

 

AIの進化とスピリチュアル

 

IT社会とAIの進化、スピリチュアルとは真逆のように思われますが、ITが進化するほどスピリチュアルが現実化してきているように思います。今まで「そんなわけないだろう!」と言われていたことが現実になったり今までの非常識だったものが常識にかわったり。正にルビンの壺です!

 

最近の社会現象の一つとして、仮想通貨の高騰がありますがこれも数年前までは非常識そのものでした。「ネットの中だけで使えるお金に何の価値があるのか!?」

 

「そんなもの1円の価値もないよ」そう言っていたものが何百万円もの価値にあっと言う間に変わってしまいました。今ではこぞって高値のコインを買いあさっている世の中です。非常識が常識に変化したのです。

 

でも実際には何も変わっていません。ビットコインもわかりやすく勝手にイメージ写真の金貨で現物としてコインがあるように見せていますが実際はバーチャルで何も物質世界には存在していません。

 

宇宙人はいると話ししても見たこともないからいるわけないとほとんどの人はバカにしますが、天文学的と確率統計的に考えれば逆にいない方がおかしいのです。

 

見えないのもやさわれないものは存在しないと思い込んでいるだけなんです。ビットコインも一定以上の多人数が価値があると騒ぎ立てるから価値があると思ってどんどん値段が上がっていったのです。

 

これからもっとAIは進化していきます。進化すればするほど宇宙の原理が見えてスピリチュアルとされていたことが現実化していくのではないでしょうか。

 

引き寄せの法則

 

話しはかわりますが、私には友達と呼べる人はほとんどいません。と言うかいません。基本的に一人の方が気軽だし仲間とワイワイするのが苦手です。楽しくないのです。

 

30代で起業し少しは上手くいったのですが、多くの取引先との連携が必要で、また自分だけでは作業はできないので毎日多くの人とのコミュニケーションが必要でした。

 

しかし、人との付き合いがうまくできず、人付き合いに疲れ、また人に騙され、挙句の果てには目の前では仲間のふりをして陰で悪口を言われる始末です。
それでその仕事から離れるようになりました。

 

今思えば順調に起業できたことで調子にのり、自分自身が悪い波動を出していたんだと思います。引き寄せの法則です。これは体験したので自分の中で確信があります。

 

ことわざにも「類は友を呼ぶ」とありますが、まさしくこれが引き寄せの法則なんですね。

 

自分が悪い波動を出しているから自分に合わない人がやってきます。そして、その合わない人がまた合わない人を連れてきます。気が付けば自分の居場所をその人々が乗っ取ってしまっていました。身から出た錆です・・・・・・

 

そんなこともあってこの何年間は人を接することが極端にすくなくなりました。元々それが自分にとって居心地のいい場所だったんです。人が周りに居ないことは特に苦にもならないのですが、お金がないのだけはやはり辛いです。

 

自分の周りに居る人間だけが幸せに過ごせるお金だけがあれば十分です。お金があっても嫌な思いで毎日を過ごすより、必要なお金だけあれば心穏やかに過ごした方が百倍幸せです。

 

スピリチュアルな話しからかけ離れてしまいましたが失敗したからこそ見えないもの大切さやそして実際に見えない力が働いていることを実感できたのかもしれません。松田さんとのつながりがいい波動だと信じてお話しを終わらせていただきます。

独りネット副業・起業を800本以上、300時間の動画で説明

21世紀は独りで働く時代です。政府は副業を進めています。厚生労働省は2025年、痴呆症は750万人と発表しています。独りネット起業15年以上のキャリアの社長が800本以上の動画、300時間以上で無料で解説しています。

 

-スピリチュアル

Copyright© ラブクロニクルズ , 2018 All Rights Reserved.