独り、家で豊に仕事をする方法を

800本以上、300時間以上の動画を無料で公開中

 

 

温泉つき別荘地で野菜を育てる老後という新聞広告を見て岐阜の分譲地を購入した

投稿日:2018年1月23日 更新日:

結婚して名古屋に住んでいた時、ある日長野までドライブに行く事にしました。その日の朝、たまたま私は新聞の広告に岐阜の分譲地のチラシが入っていて、当時は温泉つきの別荘地で野菜を育てて、老後過ごしませんか?という広告がよく入っていたのです。それを「ふ~ん」という感じで見てました。

 

高速に入り、走ってると朝見た広告と同じデザインの旗がピラピラと見えて、目的地の長野までまだまだなのですが、何気に高速を降りて、旗に誘導されて山へ、山へと奥に入っていき、分譲地につきました。二人とも、土地など買う気も全くなく、冷やかし気分も全くなかったのですが。勿論お金も。

 

何故か、ふらりと来てしまったって感じです。分譲地の関係者が直ぐ寄ってきて、あれこれと説明し始めました。そこで、私達はすごく気に入ってしまい、まず私が山の斜面の広い土地を欲しかったのですが、主人も担当者もその隣の45坪の土地が良いと譲りません。

 

私の希望の土地は150はあるし、坪単価安いけど担当者にしてみれば高く売れたほうが良いのに。結局、45坪の土地を衝動買いしたのです。手付で二人合わせて持ち合わせの3万円払って。

 

それからが不思議と言えば不思議なのです。主人が役職になり、給与体制が変わるので一旦、退職の形で退職金が1000万近く入ってきました。そこから、土地代と家の代金を払って一か月も通帳にはお金、ありませんでしたね。お金が湧いて出ていきました。家の代金は全額足りませんでしたので残りはローンにしました。

 

それから安い家を建てて、すぐに東京に転勤になってしまったので東京に越したのですが、週末は中央道通って毎週、帰ってました。子供がいませんし、特に主人はどんな事があっても帰りたがりました。22年程東京にいましたけど、岐阜に帰らなかったのは5~6回ぐらいでしょうか。後は毎週通いました。

 

今はもう定年になりましたので、この岐阜の家に帰ってきたのですが、会社が大変で、毎日が戦ってるという感じだったので、週末ここに帰ってきてエネルギーを補充していたんですね。この家があったおかげで私達は大丈夫だったという確信があります。

 

分譲地なのでポツポツと数件の別荘と定住されているお家もあるのです。定住されているお宅は、私が欲しかった土地に住んでいます。お隣さんですね。あ~あ私が最初、住みたかったのにな~なんて思っていたのですが、お話するようになって、とってもいい方とわかりました。

 

そこの奥様は霊感?が強く、ここは神様のお告げで来たのよと。映像も見せられて車で何気に来て、此処だと思ったそうです。担当者も、あなた方はここですね、とここに案内されたそうです。私たちが行った次の日に。

 

奥様が言うには目の前にあるお山から、呼ばれたそうで私たち夫婦も呼ばれたそうです。山の事を調べたら、山にはペトログラフが沢山あるそうで、その専門の吉田先生?でしたか先生も調べに来たそうです。

 

自然の石ですが完全に三角形のピラミッドの石があったり、太陽神の印があったりとするそうです。私も主人も、霊感などはありませんがこの土地はエネルギーに満ちた土地だろうなとは思います。

 

散歩がてら山を登った夜、主人は高熱出したり、車で山へ登っても、なんだか人を寄せ付けない感じがとてもします。主人も私も縁もゆかりもないこの土地に来たプロセスが本当に不思議だと思います。

独りネット副業・起業を800本以上、300時間の動画で説明

21世紀は独りで働く時代です。政府は副業を進めています。厚生労働省は2025年、痴呆症は750万人と発表しています。独りネット起業15年以上のキャリアの社長が800本以上の動画、300時間以上で無料で解説しています。

 

-不思議な話

Copyright© ラブクロニクルズ , 2018 All Rights Reserved.